胸部X線検査(子宮がんの検査)

子宮がんの症状や治療トップ > 検査名について胸部X線検査(子宮がんの検査)

胸部X線検査(子宮がんの検査)

胸部X線検査は、子宮がんと診断されてがんの進行度を調べるときに使われる検査の1つです。
胸部X線検査では、左右の肺や胸膜、縦隔、心臓などを調べることができ、肺の異常や心臓の異常などを調べるスクリーニング検査としてよく使われています。胸部X検査は胸部を平面(または側面)で撮影しますが、断面として撮影する断層撮影検査もあります。


胸部X線検査の大まかな流れ

検査着に着替えて、息を止めて胸部を撮影します。検査時間は3分程度で終了します。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .