膀胱鏡検査(子宮がんの検査)

子宮がんの症状や治療トップ > 検査名について膀胱鏡検査(子宮がんの検査)

膀胱鏡検査(子宮がんの検査)

膀胱鏡検査とは?

膀胱鏡検査は、子宮がんと診断されてがんの進行度を調べるときに使われる検査の1つです。
膀胱鏡検査は、尿道口から内視鏡を挿入して、膀胱内部を内視鏡で観察します。膀胱内の観察では腫瘍、炎症などの有無を調べて、腫瘍がある場合はそのまま組織を採取して続けて生検を実施することもあります。


膀胱鏡検査の大まかな流れ

排便・排尿を済ませた後、下着を脱いで検査台に上がり、5分〜10分で検査は終了します。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .