CA-125(子宮がんの検査)

子宮がんの症状や治療トップ > 検査名についてCA-125(子宮がんの検査)

CA-125(子宮がんの検査)

CA-125検査とは?

CA-125はがんの腫瘍マーカーとして使われて、子宮がんの治療の効果を判定したり、再発をチェックする補助的な診断に用いられます。
CA-125は主に卵巣がんに対して増加する腫瘍マーカーです。CA-125は卵巣がんの早期発見や、進行度の特定、再発予測、治療効果の判定などに役立ちます。


腫瘍マーカーCA-125の基準値

閉経前女性:40U/ml以下、その他の場合:25U/ml以下(RIA法)

異常値の場合

卵巣がんや子宮がんの疑いがあります。また、卵管がん、膵臓がん、肺がん、大腸がん、子宮内膜症、子宮筋腫、腹膜炎、急性膵炎などでもCA−125の値が上昇します。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .