子宮体がんになりやすい悪因子

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮体がんについて子宮体がんになりやすい悪因子

子宮体がんになりやすい悪因子

子宮体がんのほどんどが、ホルモンであるエストロゲンに関わっています。そのため、月経不順がお起こるとエストロゲンのホルモンバランスがくずれますので、子宮体がんを発症しやすくなります。

妊娠・出産と子宮体がんの関係はあるの?

実は、妊娠・出産の経験が少ない人や流産の経験がある人は、子宮体がんのリスクを高める可能性があります。
逆に、妊娠・出産の経験が多い人は子宮体がんのリスクが低下するといわれています。


子宮体がんになりやすいその他の因子

肥満も子宮体がんになりやすい要因となっています。なぜなら肥満になると、エストロゲンが大量に作られることになるため、エストロゲンのバランスが崩れて子宮体がんのリスクを高めてしまいます。

子宮体がんにかかりやすい年齢とは?

ちなみに、子宮体がんにかかりやすい年齢は50代で、ピークは50代後半となります。一方で40代未満の子宮体がんの発症は5%前後であるため、まれだといえます。

医療PR

将来お医者さんを目指すお子さんに。医学部専門の予備校のしっかりとした学習環境で大学合格を目指してはみませんか?

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .