子宮体がんの症状

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮体がんについて子宮体がんの症状

子宮体がんの症状

子宮頸がんの場合は症状が現われる頃にはがんが進行していますが、子宮体がんの場合は初期から症状に現れることが多いのが特徴です。
ここでは子宮体がんの進行度順に症状を紹介します。

初期の子宮体がんの症状

初期の段階から子宮体がんは性器からの不正出血がみられます。特に、更年期や閉経後の不正出血があれば、すぐに検査を受ける必要があります。
その他には過多月経や不規則月経なども子宮体がんの症状にありますし、無症状の場合もあります。


初期から進行した子宮体がんの症状

子宮体がんが、だんだんと進行してくると、症状が膿や血液の混じった帯下(おりもの)に加えて子宮が大きくなる症状などがみられます。
そして帯下は、がんが進行するにつれて悪臭を伴うようになってきます。

さらに進行した子宮体がんの症状

子宮体がんがさらに進行してくると、シンプソン徴候、下肢の疼痛・むくみ、尿路障害、直腸障害などの症状が現われます。
シンプソン徴候とは、陣痛のような下腹部痛で、子宮腔内に血液や膿、分泌物などが溜まって子宮留膿腫となると起こります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .