子宮体がんの検査

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮体がんについて子宮体がんの検査

子宮体がんの検査

ここでは子宮体がんであるか調べる検査から、子宮体がんであると診断されてから受ける検査まで紹介します。

子宮体がんを検査する場合は、まず産婦人科で受診し、一般の婦人科の診察に加えて子宮内膜細胞診を受けます。

子宮内膜細胞診とは?

子宮内細胞診では、専用の器具で内膜を擦り取る、または専用の器具で吸引して内膜を採取します。この内膜の採取では、多少の痛みと出血を伴いますが、出血の方は2日前後で止まります。


子宮内膜細胞診の結果が擬陽性、または陽性の場合は?

擬陽性または陽性の場合は精検となります。詳しく調べる検査では、子宮内膜の一部をかき出して顕微鏡で調べる組織診を行います。この組織診は確定診断に使われます
また、子宮内の状態を内視鏡で観察すると同時に、組織を一部採取して、検査を行うこともあります。

子宮体がんと診断されたあとの検査は?

子宮がんと診断された場合、がんの進行度を調べる検査が行われます。
進行度を調べる検査には、膀胱鏡、直腸鏡、肺や骨のX線検査、CT検査、MRI、超音波検査、CTリンパ管造影などの検査があります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .