子宮体がんの分類

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮体がんについて子宮体がんの分類

子宮体がんの分類

子宮体がんはタイプTとタイプUの2つに分類されます。
タイプTはエストロゲンの持続的な刺激が原因で起こるがんであり、U型はエストロゲンに関係なく発生するものです。
なお、子宮体がんはT型が圧倒的に多く、子宮体がんの約8割を占めます。

子宮体がんのタイプT(T型)の特徴とは?

子宮体がんはエストロゲンに依存するという特徴の他にも、例えば以下のような特徴があります。

1.予後‥組織の浅い部分にとどまっていることが多く、比較的良好。
2.組織型、分化‥類内腺がん、高・中分化
3.患者年齢‥中高年


子宮体がんのタイプU(U型)の特徴とは?

タイプUはエストロゲンに依存しない特徴がありますが、その他にも例えば以下のような特徴があります。

1.予後‥タイプUの子宮体がんの場合は、発見された時点に筋肉の深い場合に浸潤していることが多く、予後も良くないといわれております。
2.組織型、分化‥漿液性・明細胞性腺がん、低分化
3.患者年齢‥老年

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .