子宮頸がんの再発・転移について

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんの治療や手術子宮頸がんの再発・転移について

子宮頸がんの再発・転移について

子宮頸がんが再発する可能性は無いとはいえません。この子宮頸がんの再発する場合は、局所再発と遠隔再発があります。

局所再発・遠隔再発とは?

局所再発とは子宮や膣、骨盤内などに再発するもので、手術や放射線によって治癒する可能性がありますが、逆に肺や肝臓などに転移する遠隔再発の場合は、局所再発より治りにくいようです。


再発を早期発見するために

子宮頸がんは再発を早期発見することがとても大切になります。治療後も定期的に健診を受けることが重要で、治療後間もないほど短い間隔で定期健診を受けることが大切です。

定期検査では、内診、細胞診、超音波検査、腫瘍マーカーなどがあり、必要な場合は尿検査、X線検査、MRI、骨シンチグラフィーなども行うことがあります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .