子宮頸がんの1a期の治療・手術

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんの治療や手術子宮頸がんの1a期の治療・手術

子宮頸がんの1a期の治療・手術

子宮頸がんの1a期の治癒率は約92.5%といわれています。
治療方法は手術が基本で円錐切除術や単純子宮全摘出術、準広汎子宮全摘出術などが行われます。また、1a期の場合はレーザを照射してがん細胞を死滅させる光線力学療法などもあります。


1a期と単純子宮全摘出術について

単純子宮全摘出術とは子宮だけを切除する方法で、1a期で子宮頸がんで妊娠を望んでいない方などに行われます。
単純子宮全摘出術には腹式と膣式があり、腹式はおなかを切りますが、膣式では膣から行う手術です。患者さんの負担としては膣式の方が負担が軽い上に、腹膜炎や腸閉塞などの合併症の可能性も低いです。
なお、1a期の子宮頸がんの場合はリンパ節転移の可能性も低いため、単純子宮全摘出術によって終わります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .