子宮がん0期の治療・手術

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんの治療や手術子宮がん0期の治療・手術

子宮がん0期の治療・手術

子宮頸がんの0期の治療の場合は、5年生存率はほぼ100%といわれています。
治療方法は手術が基本で円錐切除術や単純子宮全摘出術が行われます。また、0期の場合はレーザを照射してがん細胞を死滅させる光線力学療法などもあります。


O期の子宮頸がんと円錐切除術

円錐切除術は主に0期の患者さんが対象で、子宮頸部を膣の方からくりぬく手術法で、高周波電流を流すことで患部を切除します。
がんが子宮頸部にとどまっているときに可能な手術法ですが、術後に妊娠・出産できる可能性がありますし、入院期間や手術時間が短いという、患者さんの負担が軽くなる特徴があります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .