子宮頸がんの検査

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんについて子宮頸がんの検査

子宮頸がんの検査

子宮頸がんの疑いを調べる初めの検査ではまず、問診、内診と細胞診が行われます。

問診の内容って?

問診では患者さんは問診票にあらかじめ記入して、その問診票を元に医師から質問を受けることが多いです。

内診の内容は?

内診では患者さんの膣の中に指を入れながら、もう片方の手を下腹部の上にあてて診察する、産婦人科の一般診察方法です。内診により、子宮内の大きさ・かたさ・子宮内膜症の有無などの様々な情報を得ます。


細胞診の内容は?

細胞診とは子宮がん健診で一般的に行われている検査で、子宮頸部を綿棒やブラシなどの専用器具でこすり、細胞を採取します。その細胞を顕微鏡で観察して、異型細胞があるかどうか調べます。

子宮頸がんの細胞診で、異常な細胞が見つかった場合

細胞診の結果にも分類があり、結果が「クラスVの"悪性を疑うが断定できない"」以上の場合、組織診、膣拡大鏡検査、画像診断、腫瘍マーカーなどの検査が行われて総合して診断します。
なお、組織診とは、がんの疑いがある部分を一部切除して、その細胞を詳しく調べる検査です。

子宮がんとして診断された場合

異常の検査で子宮がんと診断されると、がんの進行度合いを調べるための検査が行われます。具体的には直腸鏡検査、膀胱鏡検査、腎盂尿管造影、リンパ管造影、胸部X線検査、CTスキャンなどの画像検査が行われます。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .