子宮頸がんの原因と、ヒトパピローマウイルス

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんについて子宮頸がんの原因と、ヒトパピローマウイルス

子宮頸がんの原因と、ヒトパピローマウイルス

子宮頸がんの発生原因にはヒトパピローマウイルスが関係していると注目されており、特にヒトパピローマウイルスの16型と18型の関与が考えられています。

感染経路は?

このヒトパピローマウイルスは性行為を通じて子宮に感染することが考えられています。必ずしも感染すると子宮頸がんになるわけではないようですが、感染の状態が続き、がん抑制遺伝子産物に異常が発生することでがんは発生しやすいと考えられています。


子宮頸がんと性体験の関係

子宮頸がんの発生原因はヒトパピローマウイルスによる感染が有力ですので、性体験の多い方、妊娠や分娩の多い方は子宮頸がんになりやすい傾向にあります。逆に性体験の無い方はほとんど見られないがんといわれています。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .