子宮頸がんの治療・手術

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんについて子宮頸がんの治療・手術

子宮頸がんの治療・手術

子宮頸がんの治療方法は、がんの進行状況によって異なってきますが、基本的にはどの進行状況でも治療に手術が行われます。子宮がんの手術方法には、円錐切除術、単純子宮全摘出術、準広汎子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術などがあります。
また、子宮頸がんの治療では放射線療法も大切です。放射線療法では放射線を患部に照射させることで細胞を殺傷する治療法です。


子宮頸がんの放射線療法を詳しく‥

放射線療法では細胞に放射線を照射することで殺傷するのですが、がん細胞と同じく正常細胞もダメージを受けてしまいます。がん細胞は回復する力が弱いため殺傷しやすいですが、正常細胞は回復する力を持っています。

子宮頸がんの放射線療法には主に2つの方法があり、膣内から照射する方法と体の外から照射する方法があります。一般的に、この2つの方法を組み合わせながら放射線療法を行っていきます。
1回の治療時間は10分程度で、それを4〜5週間続けて行います。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .