子宮頸がんの進行 -2期(2a,2b)について-

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんについて子宮頸がんの進行 -2期(2a,2b)について-

子宮頸がんの進行 -2期(2a,2b)について-

子宮がんの2期とはがんが頸部から膣や子宮の周囲組織に広がった状態ですが、骨盤壁または膣壁3分の1には達していない状態をいいます。
そして、膣壁浸潤が認められるが、子宮傍組織浸潤は認められない「2b1期」と、子宮傍組織浸潤が認められる「2b2期」があります。

2期の子宮頸がんの5年生存率は?

2期の子宮頸がんの5年生存率は70%前後といわれています。


2期の子宮頸がんの治療法は?

子宮頸がんの2期では広汎子宮全摘出術や骨盤リンパ節郭清術などが主に行われます。広汎子宮全摘出術では子宮だけではなく子宮、卵巣、卵管、子宮を支えている靭帯などの周辺組織、膣、卵巣などを摘出します。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .