子宮頸がんの進行 -0期について-

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮頸がんについて子宮頸がんの進行 -0期について-

子宮頸がんの進行 -0期について-

子宮頸がんの0期の場合は、子宮頸部の子宮口付近の上皮にとどまる上皮内がんの状態のことです。この0期に子宮頸がんを発見して、治療を行えば、5年生存率はほぼ100%です。
また、上皮内がんといわれる0期では、まだ浸潤しないため、転移の可能性はないといわれています。


0期の子宮頸がんの治療法は?

治療方法は手術が基本で円錐切除術や単純子宮全摘出術が行われます。また、0期の場合はレーザを照射してがん細胞を死滅させる光線力学療法などもあります。

円錐切除術について

円錐切除術は主にがんが子宮頸部にとどまっているときに可能な手術法で、術後に妊娠・出産できる可能性があります。
また、入院期間や手術時間が短いという、患者さんの負担が軽くなる特徴があります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .