子宮体がんという病気

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮がんという病気子宮体がんという病気

子宮体がんという病気

子宮体がんとは子宮内膜がんともいわれる子宮体にできるがんのことで、年齢的には50代の方が多いといわれてます。子宮体がんは子宮頸がんとは異なり、40歳未満の発症はまれであり、割合でゆうと5%程度といわれております。

子宮体がんになりやすい人とは?

子宮体がんは、高血圧症、肥満、糖尿病、不妊症などの人がなりやすい傾向がありますが、がんの発生過程についてはまだはっきりとは解明されておりません。


子宮体がんの症状

子宮体がんの症状としては、不正出血です。特に閉経後の不正出血は症状として起こりやすく、その他にもおりものなども目立つようになります。
子宮体がんが進行すると、膿などが子宮腔内に溜まる子宮留膿腫を引き起こす可能性があり、それによる発熱、悪寒、下部の腹痛などを引き起こすこともあります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .