子宮頸がんという病気

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮がんという病気子宮頸がんという病気

子宮頸がんという病気

子宮頸がんとは子宮の頸部にできるがんのことで、年齢的には40代や50代の方が多いといわれてます。しかし、20代や30代でも発生する可能性が当然ありますので、子宮がん健診は大切です。

子宮頸がんになりやすい人、なりにくい人

特に性体験の多い方、妊娠や分娩の多い方は子宮頸がんになりやすいといわれており、逆に性体験の無い方はほとんど見られないがんです。


子宮頸がんの症状は?

子宮頸がんの症状は当然がんの進行度合いによって異なってきます。

初期がんの場合は、性交などによる接触出血が起こる可能性がありますが、無症状の場合も多いです。 しかし、子宮頸がんが進行してくると、がんが周囲臓器に浸潤するようになってきます。その浸潤の部位によって排尿障害、腹痛、腰痛、下肢痛などの症状起こる可能性があります。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .