子宮がんの種類

子宮がんの症状や治療トップ > 子宮がんという病気子宮がんの種類

子宮がんの種類

子宮がんは、「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2種類があります。
子宮頸がんは"子宮頸部"といわれる子宮の入り口できるがんのことで、子宮体がんは"子宮体部"といわれる子宮の奥の部分にできるがんのことです。

子宮頸部って?子宮体部とは?

子宮頸部とは子宮の入り口と説明しましたが、具体的に外子宮口、子宮膣部、子宮頸管、内子宮口といわれる部位からなります。そして、子宮体部の方は、子宮内膜、子宮底などからなります


子宮頸がんと子宮体がんの違いは発生部位だけ?

2種類の子宮がんはそれぞれのがんの発生部位が異なる上に、発生原因やがんの性質などもそれぞれ異なってきます。そのため、検査方法や治療法などもそれぞれのやりかたで行う必要があるのです。

カテゴリ

その他

Copyright(c) 子宮がんの症状や治療 All rights reserved .